2014年05月04日

近所のスーパーで見つけたイタリアワイン

イタリアワインが好きなんですが、中でもお値段もリーズナブルな
モンテプルチアーノ・ダブルッツォが好きなんです。

今までは百貨店のワイン売り場で買っていたんですが、最近
近所のスーパーに小瓶が売っているのを発見!
コルクじゃないのが気になりましたが、味は同じでした。

チーズとかチキン料理に合うワインで、赤好きの人なら
多分知っている銘柄なんです。

このワイン、グラスに注いで30分くらい経つと、さらに風味をまし、
美味しくなるので、チーズをおつまみにゆっくり味わうにはぴったり。

翌日仕事だとたくさん飲めないので、500mlくらいの瓶で買えるのは
とても嬉しいですね。
posted by ワイン at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | トカイワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

ワインといえばソムリ工

ワインが好きな人であれば、ソムリ工の資格が欲しいと思うでしょうね。
今はドラマでも、ワインに関していろいろと知られてきましたが、
ワインを見たり、香りをかいだだけでも、そのワインから
連想する内容を説明しなければいけないので、
想像するカというのも大切ですよね。
そういった感覚は感性もあるでしようから、
そんなに簡単に取れる資格でもないようです。
ワインが好きで仕事にしたいと考えているのであれば、
ぜひ、挑戦して欲しい資格でもありますし、
通信での受講も可能ですから働らいていても
資格の取得は出来ますよ。何かの記念日に
そのような資格を生かして、美味しいワインを
チョイスしてプレゼントできたら素敵ですよ。
特に、男性の方・・・ワインを使えば緊張するような
プロポーズも成功しちゃうんじゃないでしょうか。
ワインの持つ魅力って素晴らしいですよね。
他にそんな飲み物って無いと思いますょ。
女性って意外な部分で感動するものです。
例えば・・・生まれた年のワインをプレゼントなんて
ポイント高いですよ。
posted by ワイン at 10:08| Comment(1) | トカイワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

ワイングラスの素材

ワインを極めるには、ワイングラスからというように
一般的な素材は、ガラスが多いようですが、
クリスタル製もありますから透明性を追求したいものですね。
ワイングラスが出来上がるまでには、工程があり
ワイングラスの型があってそこで、形が作られるものや
手拭という工程で作られるグラスもあります。
ワイングラスの価格の上下があるのは、
この素材と、工程で決まってくるのでしょうね。
美味しいワインだと感じるのは、
上手なグラス選びも影響しているようです。
セットで購入することも出来ますし、
もちろん、自分専用で購入することも可能です。
可能であれば、自分専用のワイングラスで
美味しいワインを1日の終わりに頂きたいものですね。
今年のクリスマスは、普通に販売されている
ワイングラスで乾杯だったので
来年は、新しいものを購入して心機一転で
ワインにはまってみたいなと思っています。
お勧めな商品があれば、紹介していきたいと思います。
posted by ワイン at 17:39| Comment(0) | トカイワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

ワイングラスって。

ワインを美味しく飲むには、グラスも大切なポイントなんですよ。
ブルゴーニュ・ボルドー・ロゼ・万能型などなど・・・
いろいろな種類があるんです。
一般的には、万能を使用することが多いんですが、
グラスといっても、作るときの手法が違ったりするんです。
何気なく使っているワイングラス・・・使い方を
間違っていませんか?
ワインを飲むっていうのは、日常では普通のことですから
グラスもちゃんとしたものを使ってほしいな〜と
思います。
インターネットなどで、ワイングラスの専門店なども
ありますから、よく見て購入してくだいね。
料理と同じで、器が大切なんですよ。
気分も変わってきますしね・・・・。
ちょっと、贅沢かな???
ティファニーのワイングラスがほしいな〜と思っているんです。
美味しく飲めそうですし、高級感がありますよね。
セレブ気分になれそうだなと思っているんです。
ちょっとした贅沢気分もたまにはいいでしょ。。。
自分のご褒美に。。。グラスを準備しましょうね。
posted by ワイン at 13:41| Comment(0) | トカイワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

ワイン:トカイ・アスー・3プットニョシュ[1999]年

トカイワインまたはトカイ(ハンガリー語:Tokaji, 英語:Tokay)は、ハンガリーのトカイ(Tokaj)と周辺の地方(トカイワイン地区)で作られるワインでです。トカイワインには、主にフルミントと呼ばれるブドウ品種が用いられています。

トカイワインには、

・トカイ・エッセンシア (Tokaji Essencia)
・トカイ・アスー・エッセンシア (Tokaji Aszú Essencia)
・トカイ・アスー・3-6プットニョシュ (Tokaji Aszú puttonyos)
・トカイ・サモロドニ (Tokaji Szamorodni)

の3種(エッセンシア、アスー3〜6プットニョシュ+アスーエッセンシア、サモロドニ)があり、それ以外には、フルミントの辛口ワインなどが作られています。また最近ではアイスワインも生産していて、その中にはセプシやロイヤルトカイなど世界的に有名なワイナリーが含まれています。

トカイワインの中でも、「トカイ・アスー・3プットニョシュ[1999]年」は絶品だと思います!

「トカイ」「アスー」「プットニョシュ」について簡単に説明しますね。

トカイ【TOKAJI】(英語ではトーケイ Tokay)はワイン名、トカイ【Tokaji】は町の名。アスー【Aszu】は貴腐を成就したしなびた葡萄の実、およびそれからつくられる甘口ワイン(1600年頃から作られていたらしい)。たとえるならば、アロマにあふれ、感動的なほどの活力を備えたソーテルヌで、後口は強烈!

そして「プットニョシュ」は、「トカイ」の「アスー」に関する甘さの尺度。伝統的な木製の容器であるプットニ【Puttony】1杯分に当たる重さ25kgのアスーの葡萄の実がその1単位となります。

ベースになる辛口のワイン1樽(136L)にこれを何単位分加えるかによって最終的にできるワインの甘味の強さが決まります。3プットニョシュから7プットニョシュ以上のものまであります。3=60g、4=90g、5プットニョシュ=120g、6プットニョシュ=50〜180g、7プットニョシュ以上に当たるアスー・エッセンシア【Aszu Eszencia】は180g以上の糖分を含まなければなりません。

トカイ・アスー・3プットニョシュ[1999]年は、大人気の世界3大貴腐ワイン!トカイの飲み頃8年熟成の、黄金のリキュールのような感動もの!甘口・究極の白ワインです♪とっても贅沢な気分になりますよ♪
posted by ワイン at 12:37| Comment(1) | トカイワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。